【企業・自治体向け】デジタルホワイトボード(電子黒板)導入ガイド
【企業・自治体向け】デジタルホワイトボード(電子黒板)導入ガイド » デジタルホワイトボード(電子黒板)の基礎知識 » デジタルホワイトボード(電子黒板)の価格

デジタルホワイトボード(電子黒板)の価格

ここでは、デジタルホワイトボード(インタラクティブホワイトボード)の費用相場を調べています。また、費用対効果の高い製品を選ぶために知っておきたいポイントもまとめました。ぜひ最後までチェックしてください。

目次

デジタルホワイトボードの相場を調査

デジタルホワイトボードの価格は
ピンキリ!

デジタルホワイトボード(インタラクティブホワイトボード)は実にたくさんの製品が出ており、価格差が広いため、なかなか相場を出すのは難しい状況です。リーズナブルなものだと10万円代~購入でき、逆に高いものだと100万円を超えるものもあります。

価格を分ける2つのポイントとしては、「サイズ」「機能」が挙げられます。それぞれについて少し詳しく見ていきましょう。

サイズによって異なる

デジタルホワイトボード(インタラクティブホワイトボード)の導入費用は、40インチや60インチ、80インチなど、サイズによって大きく異なります。

サイズが大きくなるほど、費用の相場も上がっていきます。

機能によって異なる

サイズだけでなく、搭載されている機能によっても価格は大きく異なります。

基本的な機能のみ備わったシンプルなものは、比較的リーズナブルなことが多いです。一方、優れた機能を多く備えた多機能なデジタルホワイトボードは、その分価格も張ります。

※参照元:販促製品総合WEBカタログ公式HP(https://www.fjtex.co.jp/hansoku/blog/kokupit03/

費用対効果を意識した製品選びをしよう

ここまで解説してきたように、ひとくちにデジタルホワイトボード(インタラクティブホワイトボード)といってもサイズや機能は色々で、それにより費用も大きく違ってきます。

そこで重要となるのが、自社にとって費用対効果の高い製品を選ぶこと。そして、費用対効果の高い製品を選ぶには、自社のニーズ(用途)に適した機能の製品を選ぶことが重要です。

いくら安くても、必要な機能が備わっていなければ意味がありません。また、いくら高スペックな優れた製品でも、使わない機能であれば意味がなく、その分の費用ももったいないと言えるでしょう。つまりオーバースペックでもアンダースペックでも費用対効果が高いデジタルホワイトボードとは言えないのです。

導入の際には、よく自社の活用シーンを想起し、本当に必要な機能が備わったもの=費用対効果が高いものを選びましょう

このサイトでは、活用シーンごとにおすすめのデジタルホワイトボード3選を紹介しているので、ぜひそちらもチェックしてみてください。

デジタルホワイトボードの主な活用シーンとおすすめ製品

一口にデジタルホワイトボードといっても、シンプルな機能でコスパの良い製品から、機能が豊富で多様なシチュエーションに対応できる製品までさまざまです。
「機能がありすぎて使いこなせなかった」「必要な機能が備わっていなかった」など、導入後に後悔しないためには、自社の用途にマッチした機能を持つ製品を選ぶよう注意しましょう。
ここでは、ビジネス向け製品を取り扱うデジタルホワイトボード(電子ホワイトボード)を調査。活用シーン別に、おすすめの製品を紹介します。自社の活用シーンを思い浮かべながらチェックしてみてください。

企画・制作会議などでの
書込みや共有に使うなら
ミライタッチBiz
(さつき株式会社)
ミライタッチBiz公式
引用元:ミライタッチBiz公式
(https://biz.mirai-touch.com/)
おすすめな理由

社内会議に特化したシンプルな機能を持つデジタルホワイトボードのうち、最も低コストで導入できる

公式サイトで詳しく見る

特徴を詳しく見る

設計・製造間などでの
遠隔共同作業に使うなら
RICOH
InteractiveWhiteboard

(リコージャパン株式会社)
リコージャパン株式会社
引用元:リコージャパン株式会社
(https://www.ricoh.co.jp/iwb/d)
おすすめな理由

離れた拠点間においても、スムーズな相互編集や、遅延なく高品質な映像を配信できる独自技術を備える

公式サイトで詳しく見る

特徴を詳しく見る

店舗・ショールームでの
プロモーションに使うなら
BIG PAD
(シャープマーケティングジャパン株式会社)
リコージャパン株式会社
引用元:シャープマーケティングジャパン株式会社
(https://jp.sharp/business/bigpad/)
おすすめな理由

高品質ディスプレイ&タッチセンサーで、より臨場感ある視覚表現ストレスないタッチ体験を実現できる

公式サイトで詳しく見る

特徴を詳しく見る

▼選定基準
■おすすめの理由:Googleで「デジタルホワイトボード」として検索して調査した32社より、下記理由より選定(2024.3.20時点)
・ミライタッチBiz…調査した32社中、社内会議向けに「書く・映す・共有する」に特化しており、価格表記がある製品のうち、65型で437,800円(税込)~と最も安い※実際の販売価格は、販売店により異なる。
・RICOH InteractiveWhiteboard...調査した32社中、唯一独自のイントラネットワークとストリーミング技術により、RICOH IWB同士で同時に編集ができる。
・BIG PAD...調査した32社中、唯一最高輝度450cd/m2以上、およびきめ細かい位置検出が可能な静電容量方式タッチパネルを採用。