【ビジネス向け】デジタルホワイトボード(電子黒板)導入ガイド【ビジネス向け】デジタルホワイトボード(電子黒板)導入ガイド
【ビジネス向け】デジタルホワイトボード(電子黒板)導入ガイド » 【業種・業界別】デジタルホワイトボードの活用シーン » 官公庁

官公庁

目次

ここでは、官公庁でデジタルホワイトボード(電子黒板)がどのように活用されているのかをまとめています。実際に導入されている事例もご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

官公庁でのデジタルホワイトボードの使い方

さまざまな目的でデジタルホワイトボードを導入する官公庁が増えています。 まず、官公庁では会議や説明会の場で活用されています。デジタルホワイドボードは、映し出した資料に書き込みが可能なため、手元に用意する資料を減らせます。

また、プロジェクターにつなぐ必要がなくなるので、会場設営の準備の手間が省けるほか、会場レイアウトの制約がなくなることなどもメリットです。 また、写真の拡大や情報を瞬時に共有できる特性を生かして、市役所などが災害時、各支所と連携する場面でも使用されています。デジタルホワイトボードでテレビ会議を行うこともでき、災害時には欠かせないツールになっています。

そのほか、空港など観光客が多く訪れる場所では、多言語表示の大型マップとして利用されています。タッチ操作で言語が切り替わり、近隣の施設へ案内してくれるので、訪日客のサービス向上にもつながっています。

官公庁での導入事例

訪日サービスの向上、地域活性化へ

下関市役所では、下関港国際ターミナルにデジタルホワイトボードを導入しました。下関港国際ターミナルは、海外からの観光客やビジネス客を迎え入れる玄関口です。

そのため、多言語で表示できる大型マップを活用し、近隣施設への案内をわかりやすくすることが課題でした。デジタルホワイドボードの導入で、タッチ操作で表示言語が切り替わる4か国語対応の周辺マップの設置が実現。

周辺の商業施設などへのルート案内がわかりやすくなり、訪日客へのサービスが向上したほか、地域の活性化にもつながっています

説明会がスムーズに

ハローワーク諫早では、デジタルホワイトボード機能のほか、動画再生、資料表示と、合わせて3つの機能を導入しています。以前は、週1回行う雇用保険の受給者向け説明会をホワイトボードを用いて開催していましたが、書いたり消したりするのが面倒だと感じていました。

デジタルホワイドボードを始めとする3つの機能を導入してからは、映し出された資料に直接書き込みできるようになったため、説明会がスムーズに行えるようになりました。

また、手元資料を減らせるようになったことから、参加者の顔を見ながら説明できるようになり、集中して聞いてくれる方が増えたということです。

災害対応の迅速化

北見市役所では、災害対応の迅速化のために、デジタルホワイトボードを用いたテレビ会議システムを導入しました。豪雪時などに設置される北見市役所の災害対策本部では、ホワイトボードを使用して情報をまとめていましたが、確認しずらく、情報共有が上手くできない場面が多々ありました。

デジタルホワイトボードを活用したテレビ会議システムを導入後は、各支所との情報共有を円滑に行えるようになり、災害対応に遅れが生じるリスクを減らすことにつながりました。また、タッチ操作で写真を拡大して表示できるので、状況確認もしやすくなりました。

デジタルホワイトボード
メーカーを比較する

 
まずは気になる機能をチェック
主なデジタルホワイトボードの機能はこの3種類

デジタルホワイトボードは、シンプル機能でコスパの良い製品から、機能が豊富で様々なシチュエーションに対応できる製品までさまざま。「機能が複雑で活用できなかった」「必要な機能が備わっていなかった」など、導入後に後悔しないためには、オーバースペックでもアンダースペックでもない、自社の用途にマッチした機能を持つ製品を選ぶ必要があります。

以下の3つの機能はデジタルホワイトボードが持つ機能を分類したもの。実際に職場で利用している様子を思い浮かべながら、自社ではどの機能が欲しいかを選んでみましょう

書く/消す/保存する
ホワイトボード機能

白い画面に加え、プレゼン資料、写真、工程表などを投影しながら、書き込むことができる基本的な機能。
オフライン会議に関する課題を抱える企業なら、こういった基本的な機能だけを持つ製品で十分解決できます。

高性能カメラ/スピーカー
高性能カメラ/スピーカー

参加人数の多いWeb会議になると、今誰が話しているかがわからなくなり、議論がいまいち盛り上がらないという経験はございませんか?
そういったWeb会議を活性化したい企業には、カメラやスピーカーにこだわった製品がオススメ。

相互書き込み機能
相互書き込み機能

遠隔地にある開発部/工場との図面のやりとりの質を向上したい企業にオススメなのが相互書き込み機能。
「通常のWeb会議では指摘が正しく伝わらない。かといって現地へ訪問するにはコストがかかる」といった課題を解決してくれます。

※選定条件
「デジタルホワイトボード」でGoogle検索して上位10ページ内に表示された23社のうち、下記の条件に合う3社を選定(2022年3月時点)。
①基本的な機能重視
基本的な機能だけを持つ製品の中で、モニター性能が最も高い(4Kかつ450cdという高輝度)。
②高性能カメラ/スピーカー重視
Web会議に役立つ「発言者の顔を自動でクローズアップする機能」を唯一持つ。
③相互書き込み機能重視
相互書き込み機能がある製品の内、同じ製品を持つ遠隔間での共有可能台数が一番多い(最大20台)。