【企業・自治体向け】デジタルホワイトボード(電子黒板)導入ガイド
【企業・自治体向け】デジタルホワイトボード(電子黒板)導入ガイド » 【ビジネス向き】デジタルホワイトボードの製品/メーカー一覧 » プラン・テージ(日学株式会社)

プラン・テージ(日学株式会社)

日学株式会社のデジタルホワイトボード「プラン・テージ」について紹介しているページです。注目すべき機能などをリサーチしています。

プラン・テージ(日学株式会社)
引用元:プラン・テージ公式HP
https://www.nichigaku.co.jp/pages/plantage.html
目次

プラン・テージの特徴

スマートで設置しやすい設計が特徴

「プラン・テージ」は、設置スペースを選ばないスリムな設計が特徴です。ボード面から壁面までの距離はたったの「365mm」。脚先端から壁面までの距離もたった「675mm」です。

板面のサイズは2タイプ用意されており、ニーズに合わせて選べます。ワイドタイプは「W1800mm」、スタンダードタイプは「W1300mm」です。

手送りシート&マグネット対応機能

手送りシート機能も注目すべきポイント。片手でスムーズにボード面を両方向へと動かせます。さっき書き込んだ内容をチェックしたい時や書き込むスペースがなくなった時などでも、スッと手送りでき、会議や講義が中断されません

また、ボード面がマグネット対応なのも特徴。ちょっとしたメモや資料などをマグネットで付けられます。

直観的に操作できる分かりやすさ!

アイコンがわかりやすく、直観的な操作を行えるのもうれしいポイントです。ホワイトボードを使うのが初めての人などでも、心配なく使いこなせるでしょう。

また、連続スキャンが可能なのも魅力。1面・2面の書き込み内容を、ワンタッチのボタン操作でまとめてスキャンできます。「PDF」の形式であれば1ファイルにまとめて保存可能です。

それぞれに合ったデータ共有が可能

便利な保存方法を選んでデータを共有できるのも魅力。それぞれのネットワーク環境や使用している端末などに応じて多様な方法で画像を保存&活用可能です。ファイル形式は「JPEG」「PDF」「PNG」対応です。

プラン・テージの製品画像

プラン・テージの製品画像

引用元:日学株式会社公式HP
https://www.nichigaku.co.jp/pages/plantage.html

プラン・テージのスペック情報

画面サイズ W1300mm~W1800mm
アスペクト比 2022年9月時点、公式サイトで確認できませんでした
解像度 864~1248~1728~3456
視野角 2022年9月時点、公式サイトで確認できませんでした
対応OS Windows/Mac
タッチセンサーの検出速度 2022年9月時点、公式サイトで確認できませんでした
タッチセンサーの検出精度 2022年9月時点、公式サイトで確認できませんでした

プラン・テージの導入事例

プラン・テージ(日学株式会社)の導入事例はインターネット上で見つかりませんでした。

プラン・テージのまとめ

スリムで設置に困らないのがうれしい「プラン・テージ」。会議室や打ち合わせスペースがあまり広くない場合にも便利です。直観的に扱える操作性の高さも大きな魅力です。

「プラン・テージ」のほかにも、当サイトでは各社から提供されているデジタルホワイトボード(電子ホワイトボード)をリサーチしています。トップページでは「用途別におすすめの製品3選」も紹介しているので、ぜひご参考に。

プラン・テージの会社情報

デジタルホワイトボードの主な活用シーンとおすすめ製品

一口にデジタルホワイトボードといっても、シンプルな機能でコスパの良い製品から、機能が豊富で多様なシチュエーションに対応できる製品までさまざまです。
「機能がありすぎて使いこなせなかった」「必要な機能が備わっていなかった」など、導入後に後悔しないためには、自社の用途にマッチした機能を持つ製品を選ぶよう注意しましょう。
ここでは、ビジネス向け製品を取り扱うデジタルホワイトボード(電子ホワイトボード)を調査。活用シーン別に、おすすめの製品を紹介します。自社の活用シーンを思い浮かべながらチェックしてみてください。

企画・制作会議などでの
書込みや共有に使うなら
ミライタッチBiz
(さつき株式会社)
ミライタッチBiz公式
引用元:ミライタッチBiz公式
(https://biz.mirai-touch.com/)
おすすめな理由

社内会議に特化したシンプルな機能を持つデジタルホワイトボードのうち、最も低コストで導入できる

公式サイトで詳しく見る

特徴を詳しく見る

設計・製造間などでの
遠隔共同作業に使うなら
RICOH
InteractiveWhiteboard

(リコージャパン株式会社)
リコージャパン株式会社
引用元:リコージャパン株式会社
(https://www.ricoh.co.jp/iwb/d)
おすすめな理由

離れた拠点間においても、スムーズな相互編集や、遅延なく高品質な映像を配信できる独自技術を備える

公式サイトで詳しく見る

特徴を詳しく見る

店舗・ショールームでの
プロモーションに使うなら
BIG PAD
(シャープマーケティングジャパン株式会社)
リコージャパン株式会社
引用元:シャープマーケティングジャパン株式会社
(https://jp.sharp/business/bigpad/)
おすすめな理由

高品質ディスプレイ&タッチセンサーで、より臨場感ある視覚表現ストレスないタッチ体験を実現できる

公式サイトで詳しく見る

特徴を詳しく見る

▼選定基準
■おすすめの理由:Googleで「デジタルホワイトボード」として検索して調査した32社より、下記理由より選定(2024.3.20時点)
・ミライタッチBiz…調査した32社中、社内会議向けに「書く・映す・共有する」に特化しており、価格表記がある製品のうち、65型で437,800円(税込)~と最も安い※実際の販売価格は、販売店により異なる。
・RICOH InteractiveWhiteboard...調査した32社中、唯一独自のイントラネットワークとストリーミング技術により、RICOH IWB同士で同時に編集ができる。
・BIG PAD...調査した32社中、唯一最高輝度450cd/m2以上、およびきめ細かい位置検出が可能な静電容量方式タッチパネルを採用。